SQLのPreparedStatement

Tomohiro 4views 更新:2016年11月28日

SQLで、可変な値をSQL文中に使っているとき、パラメータとして文を書き、値を後から代入することにより、スッキリとしたソースコードになり、実行速度も上がる。

SELECT name FROM students WHERE id= ?

studentsのデータベースから生徒の名前を取り出したいが、生徒のIDはいろいろ変化する可能性があるとき、可変な値をクエスチョンマーク(?)にしておく。値をセットするときは、Javaプログラム上で、

PreparedStatement insert = conn.prepareStatement(SQLの文);

insert.setInt(13);

とすれば値がセットされる。
参考サイト:http://www.javadrive.jp/servlet/database/index10.html

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません