Pleskのアップグレードがハングアップしたときにやったこと

Takuro Hirayama 10views 更新:2016年11月29日

アップグレード関係のファイルダウンロード中に、1時間くらい進捗が止まっていたので、 公式ナレッジベースにある記事If something goes wrong ... を参考に手動でアップグレード処理を実行した。

## アップグレードのプロセス確認
# ps axufww

## こんなプロセスが 1時間くらい S(停止) になっていた
## /var/cache/parallels_installer/parallels_installer_CentOS_6_x86_64 --service-mode --enable-xml-output --ssl-cert /usr/local/psa/admin/conf/httpsd.pem --branch release,stable --web-interface --with-ssl --disable-browser

## 殺害
# kill {{parallels_installer_○○のPID}}

## アップグレードプログラムを手動実行
# /var/cache/parallels_installer/parallels_installer_CentOS_6_x86_64
# /usr/local/psa/bootstrapper/pp12.5.30-bootstrapper/bootstrapper.sh repair

いまいち詳細不明だが、修復系のコマンドも実行した。

# plesk repair all

ちなみに、コンパネからアップグレード実行したときにブラウザに表示されるログは下記のファイルな模様。

# less /tmp/autoinstaller3.log

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません