URLの入力項目の追加について

nanacl 25views 更新:2016年12月1日

今日はインターン初日でした。vmにもgithubも触れたことがなかったり、チームやプロジェクトというワードがよく分からなかったりして序盤から結構躓いてしまいあまり進めることができませんでした。最初ワークスペースのデータと競合してしまっていたらしくAipoを起動することが出来ませんでしたが、担当の方に助けていただき進めることが出来ました。 進捗としてはURLの入力欄を追加できたところです。

URLの入力欄を作るのに主に参考にしていた記事は http://hacknote.jp/archives/14023/ です。

ですが入力欄に入力欄にいらない文字が入ってしまったり、URLと正しく表示されなかったので色んなインターン生の記事を見ていたときに “` // URL + url = new ALStringField(); + url.setFieldName(ALLocalizationUtils.getl10n(“REGISTRY_EDITOR_PORTLET_URL”)); + url.setTrim(false);

この部分の”REGISTRY_EDITOR_PORTLET_URL”を”TODO_SETFIELDNAME_URL”と書いている人もいたので何が違うのだろうと調べたところ

http://hacknote.jp/archives/10060/

この記事で説明がされていたので書いてある通りにやってみたところ。入力欄の中にurl入力欄に$!result.Urlと入力されてしまうのは解決したのですが、URLと表示されて欲しいところに$!result.getFieldName(“url”)となってしまうのは直らず。。。 原因は war/src/main/resources/com/aimluck/eip/modules/localization/AipoLocalization_ja.properties のファイルを変更すると記載されていたのに war/src/main/resources/com/aimluck/eip/modules/localization/AipoLocalization_de.properties のファイルを変更していたことでした。 ちなみに war/src/main/resources/com/aimluck/eip/modules/localization/AipoLocalization_ja.properties このファイルを変更してコンパイルするとその変更が他のファイルにも反映されるとのことでした。

次回はもっと開発スピードをあげられるように頑張ります。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません