AWS S3まわりのコマンド

kato770 35views 更新:2017年1月12日

AWS S3のストレージにディレクトリを送る、もしくはその逆などのコマンドのまとめです

//ローカルからS3にファイルを送る
# aws s3 cp [ローカルパス] [S3内のパス]

//ローカルからS3にディレクトリごと送る
# aws s3 sync [ローカルパス] [S3内のパス]

////S3からローカルにファイルを送る
# aws s3 cp [S3内のパス] [ローカルパス]

//S3からローカルにディレクトリごと送る
# aws s3 sync [S3内のパス] [ローカルパス]

//access_keyの確認
# aws configue

コマンドラインでS3を動かすにはawscliをインストールする必要があるのですが、

# pip install awscli
DEPRECATION: Python 2.6 is no longer supported by the Python core team, please upgrade your Python. A future version of pip will drop support for Python 2.6

動いてくれませんでした。pythonのバージョンが原因かと思ってましたが、sixというライブラリーがじゃまになっているようなので、

pip install awscli --upgrade --ignore-installed six

で成功しました。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません