BINDでの問い合わせエラー

kato770 98views 更新:2017年1月26日
Jan 26 17:42:29 www named[12996]: client 127.0.0.1#33891: RFC 1918 response from Internet for ***.***.***.***.in-addr.arpa

のような文が/var/log/messagesに大量に出力されているときがあります。 主な原因はクライアントがローカルのDNSに問い合わせをして、かつそのIPがゾーン定義されていない時に吐かれるみたいですね。 今回クライアントがlocalhostなので、つまり自らクエリを送って自爆し続けているという・・・

解決策は2つほどあるようで、正攻法としては逆引きのアドレスを使ってempty zoneを設定しておくのが確実だと思います。

zone "***.***.IN-ADDR.ARPA" {  
type master;  
file "empty";  
};

もう1つはあらかじめ/etc/named.confに空白ゾーンの作成を許可しておくことです。

empty-zones-enable yes;

こちらの方法だと立ち上げ時にログが出力されますがエラーではないようです。

Jan 26 17:50:02 www named[15744]: ----------------------------------------------------
Jan 26 17:50:02 www named[15744]: BIND 9 is maintained by Internet Systems Consortium,
Jan 26 17:50:02 www named[15744]: Inc. (ISC), a non-profit 501(c)(3) public-benefit 
Jan 26 17:50:02 www named[15744]: corporation.  Support and training for BIND 9 are 
Jan 26 17:50:02 www named[15744]: available at https://www.isc.org/support
Jan 26 17:50:02 www named[15744]: ----------------------------------------------------

・・・

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません