WP_Queryのパフォーマンスを上げられるかもしれない指定

harada 12views 更新:2017年2月1日

以下の動きが不要な場合はそれぞれ以下の指定をWP_Queryに加えるとパフォーマンスがあがるかもしれないようです。

'no_found_rows' => true ページャー機能が不要な場合
'update_post_meta_cache' => false カスタムフィールド系を利用しない場合
'update_post_term_cache' => false タクソノミー系を利用しない場合
'fields' => 'ids' IDのみを取得できればいい場合

参考:https://10up.github.io/Engineering-Best-Practices/php/

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません