Atomのterminal-plusを修復する

Tomoumi Nishimura 346views 更新:2017年2月1日

以前こちらの記事で紹介したterminal-plusというパッケージ、昨年末あたりからプロンプトが表示されず黒画面の左端にキャレットが点滅するのみ、というような不具合が発生しています。 とりあえず応急措置的に動作するようにするための方法です。

1. terminal-plusのパッケージを変更する

terminal-plusの依存するpty.jsについて、最新のものを追いかけるよう~/.atom/packages/terminal-plus/package.jsonを以下のように修正します。

修正前

"pty.js": "git+https://github.com/jeremyramin/pty.js.git#28f2667"

修正後

"pty.js": "git+https://github.com/jeremyramin/pty.js.git"

package.jsonに手を加えていなければ27行目にあるはずです。修正のためには、Packages->terminal-plus->View Codeからterminal-plusのパッケージを開くのが楽です。

2. terminal-plusをリビルドする

terminal-plusのパッケージがある場所まで移動してリビルドします。

cd ~/.atom/packages/terminal-plus/
npm install
apm rebuild

これで完了です。Atomを開いていた場合には再起動してください。

注意

要するにリビジョンの指定を削ってるだけなので、応急措置です。公式の対応が出たらそちらにあわせましょう。

参考

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません