Githubの基本操作とURL欄の追加【途中】

hurts14 40views 更新:2017年2月3日

備忘録。

Githubの基本操作でブランチを作成する際に、
Github上のブランチとマシン上のブランチ名を必ず揃えることを学んだ。

コミットしてからアップストリームへプッシュすることを忘れないようにする。

「基礎編:入力項目の追加をしてみよう」での
ソースの変更点は
TestFormData.javaでメモ欄のソースを真似た。
90行目

/**URL*/
  private ALStringField url;

各フィールドを初期化
184行目からpublic void initField()内

// URL
    url = new ALStringField();
    url.setFieldName(ALLocalizationUtils.getl10n("TODO_SETFIELDNAME_URL"));
    url.setTrim(false);

そこまでで時間となってしまいましたが、次回も引き続きやっていきます。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません