screen コマンド

muramatsu 12views 更新:2017年2月13日

スクリーンというプロセスを立ち上げて独自にプログラムを動かしたいときに有益なコマンド screen コマンド
サーバー等が落ちて再起動したりプロセス全体に影響が出そうな場合はダメかもしれませんがスクリーンのプロセスが独自にプログラムを動かすのでユーザーがサーバーからログアウトしてもサーバー自体が動いていれば指定したプログラムは動くような仕組みだと思います。

導入

yum install screen

使い方

screen -S (任意のセッション名)
(セッションを名前をつけて新規に立ち上げる)

screen -r (先ほどつけたセッション名)
(セッションに再接続)

screen -S (先ほどつけたセッション名) -X quit
(セッションを落とす)

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません