複数バージョンのXcodeを共存させる

nissy 304views 更新:2017年2月15日

バージョンの異なるXcodeをMacに入れる方法です。

Step1:Xcodeのダウンロード

まず以下のページ(AppleIDのログイン必要)から欲しいバージョンのXcodeのdmg版を取得します。(20分位かかります。)

落としたら、ファイルをダブルクリックして普通に展開します。(10分位かかります)

Step2:ファイル名の変更

落とし終えたら、恐らく展開したXcodeアプリがApplicationフォルダに入っているので、元からあるXcodeアプリと差別化をはかるために名前を変えます。

(ex Xcode.app -> Xcode.8.2.1.app)

Step3:Pathの調整

コマンドラインを開きます。この時、恐らくCommndLineToolsをインストールするように言われるので素直にインストールします。 次に以下のコマンドを実行します。

$ xcode-select -print-path
/Library/Developer/CommandLineTools

以上の状態だと/Library/Developer/CommandLineToolsにPathが通っているので、これを以下のコマンドを実行することでPathを通し直します。

$ sudo xcode-select -s /Applications/Xcode.8.2.1.app/Contents/Developer

Xcode.8.2.1.appの部分はStep2で変更したファイル名を当ててください。

Step4:確認

以下のコマンドで、バージョンが欲しいものになっていればインストール終了です。

$ xcodebuild -version

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません