EC2 Linuxインスタンスでs3fsを利用する

高瀬 裕介 430views 更新:2013年6月11日
cd /usr/local/src
yum install -y gcc libstdc++-devel gcc-c++ curl-devel libxml2-devel openssl-devel mailcap
wget http://sourceforge.net/projects/fuse/files/fuse-2.X/2.8.5/fuse-2.8.5.tar.gz
tar xvzf fuse-2.8.5.tar.gz
cd fuse-2.8.5
./configure
make
make install
export PKG_CONFIG_PATH=/usr/local/lib/pkgconfig:/usr/lib64/pkgconfig/
ln -s /usr/local/lib/libfuse.so.2 /usr/lib/libfuse.so.2

必要であればこの時点で設定ファイルを書き換えます。

vim /etc/ld.so.conf
include ld.so.conf.d/*.conf

さらに下記のコマンドを実行します。

ldconfig
modprobe fuse

次に、s3fsのソースコードをダウンロードしてコンパイルします

cd /usr/local/src
wget https://github.com/tongwang/s3fs-c/archive/master.zip
mv master s3fs-c-master.zip
unzip s3fs-c-master.zip
cd s3fs-c-master/
./configure --prefix=/usr
make
make install

S3にアクセスするための設定を書き出します。

アクセスキー、シークレットキーはIAMユーザー作成時にダウンロードしたcredentials.csvのものを使用します。

echo バケット名:アクセスキー:シークレットキー > /etc/passwd-s3fs
chmod 640 /etc/passwd-s3fs

下記のコマンドで/var/www/s3フォルダに指定したS3バケットがマウントされます。

mkdir /var/www/s3
s3fs バケット名 /var/www/s3

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません