AWS新人エンジニアにおくる:コマンドライン で RDS のリードレプリカをマスターに昇格させる

@iwasaki 403views 更新:2014年5月9日
rds-promote-read-replica testdbinstance -r 3 -b 19:00-19:30

-r:バックアップ保存期間。上記の場合、3日間分のバックアップが自動保存されるようになります。

-b:バックアップウィンドウの時間。上記の場合、日本時間の4:00-4:30にバックアップが取られます。

このコマンドを実行するとRDSインスタンスのステータスなどが返ってきますが、操作が完了したタイミングでのステータスが返ってくるわけではないため、マスター昇格が完了したかは適宜Eventsのチェック、Statusのチェックが必要となります。

http://docs.aws.amazon.com/AmazonRDS/latest/CommandLineReference/CLIReference-cmd-PromoteRead.html

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません