wicketでwebアプリがどう作られるのか

kisyaman 34views 更新:2017年3月1日

現状のwicketに対する理解

WicketとJavaとHTMLの関係

WicketはHTMLとJavaでWebアプリケーションを構築する。HTMLで「画面」を作り、Javaで「画面に対するページクラス」を作る。その際、対応するHTMLとJavaは同名である必要がある。

コンポーネント

HTMLの要素と対応し、Wicketから使用することができ、また自分で作ることも出来る。HTML内でwicket指定されている要素は、Javaで作成されたページクラスでも指定して関連付ける。

今後の参考に

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません