viで-Rオプションで開いてしまい変更点が保存出来ない時

soutahirose 16views 更新:2017年3月3日

いろいろ調べながら、Webサーバーを動かしてみてみようと思った。順調に理解しながら、進めて章末課題を解こうと思い、指定されたファイルをwebに記載されたままのコマンドで開いた。

vim -R /etc/httpd/conf/httpd.conf

開くことはできたのだが、ファイル内を変更し保存しようとすると以下のようなエラー文が出てきた。

E45: ‘readonly’ option is set

エラー内容を調べてみると、root権限で入らないと変更箇所は保存できないというものであった。また後で、ーRオプションをつけているからだと教えていただいた。このときは、-Rオプションのせいだとは考えてなかったので、どうにかして変更内容を保存し、vimを終了したいと思い、調べてみると以下のコマンドで保存しながら出られるようである。

:w !sudo tee %

次回からは、使用するコマンドの意味は調べてから使用することにする。コマンドにおける詳しい説明は以下のurlからみることができます。

https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=1&cad=rja&uact=8&ved=0ahUKEwjC0MDKp7nSAhVBS7wKHRjACJYQFggaMAA&url=http%3A%2F%2Fdev.koba206.com%2F%3Fp%3D298&usg=AFQjCNFSp0A7OP-ek3w2yglrXSYu3h_bZA

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません