React Nativeをchromeでデバッグする

kensuke-iizuka 37views 更新:2017年3月9日

React Nativeで開発している時にWeb開発をしている身としてはJavaScriptだし、Chromeのデベロッパーツール使えないかしら、 と思ったところ使えました。すごい!!

エミュレーターの場合

エミュレータを起動させて、

cmd + D

でリストっぽいのが出るのでこの中から”Debug JS Remotely”を選択するとchromeが立ち上がるので、立ち上がったら

cmd + alt + J

でデベロッパーツールが開けます。

実機の場合

アプリを立ち上げて、実機を何度か降るとエミュレータと同じようにリストっぽいのが出ます。

これでブレークポイント打てばそこで処理が止まるし、console.logとか使ってどのへんまで処理が来ているかも分かりやすくなります。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません