centos7 に owncloud を入れる

muramatsu 70views 更新:2017年3月10日

必要なもの

ウェブサーバー  apache 恐らく nginx でも可
PHP
DBソフト mysql 公式によると MySQL / MariaDB / PostgreSQL をサポートしている模様

yum かなんかで apache php mysql などを入れておく owncloud のインストールは デフォルトのレポジトリだとはいってないので追加する


cd /etc/yum.repos.d wget http://download.opensuse.org/repositories/isv:/ownCloud:/community/CentOS_7/isv:ownCloud:community.repo yum install owncloud

mysql に owncloud 用のデーターベースとユーザー名パスワードを用意しておく。
apache を起動させて http://パブリックIP/owncloud に飛ぶとセットアップ画面に飛ぶと思われます。
(ここで 403 permission エラーが出る場合は selinux、iptalbes(firewall),httpd.conf,chmod 関係)を確認するといいかもしれないです。)
vim httpd.conf (centos7 から書き方が変わったらしいので別途記載)

・
・
・
・
<Directory /usr/share/owncloud>
Require all granted
</Directory>

あとはセットアップ画面で mysql で作ったデータベース名などを入力して owncloud 用のアカウントを作るだけです。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません