dependenciesとdevDependenciesの違い

kensuke-iizuka 11views 更新:2017年3月13日

npmでライブラリをインストールした時にpackage.jsonで見かけるdependenciesの記述。

これは他のライブラリとの依存関係を示しています。ここに記述されたライブラリが必要だということです。

実はこのdependeciesにはいくつかの種類があるらしく、dependenciesとdevDependenciesの違いを見ていきたいと思います。

明確な違いはライブラリを開発するかどうかということです。自作ライブラリをnpmに公開したいとき、別のプロジェクトに組み込みたいとき はdevDependenciesを使う必要があります。単にライブラリを使うだけならdependenciesだけ注目していればいいのです。

しかし、自分でライブラリを開発するときはdevDependenciesを意識しないといけません。

テストツール,ビルドツール,バンドルツール,タスクランナーなどがdevDependenciesに入る必要があります。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません