JavaでRDSのIdentifier切り替え後、利用可能となるまで待つ

nbeppu 302views 更新:2014年5月13日

JavaでRDSのIdentifierを切り替えるを行った後、RDSが利用できるようになるまで1~2分かかりますが、利用可能になるまで待ち受ける方法です。 JavaでRDSが利用可能となるまで待つのやり方の場合、該当のIdentifierがまだ存在しないのでエラーとなってしまいます。

    boolean pending = true;
    while (pending) {
      DBInstance instance = null;
      String status = null;
      try {
        instance = rdsUpgradeService.getDBInstance(identifier);
        status = instance.getDBInstanceStatus();
      } catch (DBInstanceNotFoundException e) {
        status = "notfound";
      }
      if ("available".equals(status)) {
        pending = false;
      }
      try {
        Thread.sleep(1000);
      } catch (InterruptedException ignore) {
        // ignore
      }
    }

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません