AipoのSessionValidatorでセットした値をjetspeed.vmで取り出す方法

@iwasaki 279views 更新:2014年5月13日

通常jetspeed.vmでデータを取り出すにはALVelocityPortletControlでcontext.putした値を取り出します。

処理の流れ上、SessionValidatorでセットした値を使いたい場合は、ALVelocityPortletControl.getContentで

context.put("data", rundata);

のようにしてセットしている関係で、取り出すこと自体は可能です。

 

SessionValidator.doPerform内で次のようにセットします。

data.getRequest().setAttribute("hoge_key","hoge_value");

jetspeed.vmでは次のようにして取り出します。

#set($hoge=$data.getRequest().getAttribute("hoge_key"))

このようにすると、取り出すことが可能です。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません