awstatsをnginx環境で設置

kato770 13views 更新:2017年4月13日

環境

・amazonLinuxサーバ

・ec2-user

・nginx

//tarファイルを取ってきて/usr/share/awstatsに開く
# wget 'http://prdownloads.sourceforge.net/awstats/awstats-7.6.tar.gz'
# tar xzvf awstats-7.6.tar.gz 
# mv awstats-7.6 /usr/share/awstats

# cp -p /usr/share/awstats/awstats-7.6/tools/nginx/awstats-fcgi.php /usr/share/awstats/wwwroot/cgi-bin/
# mkdir /var/lib/awstats
# chmod -R 755 /usr/share/awstats/

次にawstats設定ファイルを作ります

管理するサイトの設定ファイルのパスやプロファイル名について質問されるので書き込みましょう

# perl /usr/share/awstats/tools/awstats_configure.pl

----- AWStats awstats_configure 1.0 (build 20140126) (c) Laurent Destailleur -----

This tool will help you to configure AWStats to analyze statistics for

one web server. You can try to use it to let it do all that is possible

in AWStats setup, however following the step by step manual setup

documentation (docs/index.html) is often a better idea. Above all if:

- You are not an administrator user,

- You want to analyze downloaded log files without web server,

- You want to analyze mail or ftp log files instead of web log files,

- You need to analyze load balanced servers log files,

- You want to 'understand' all possible ways to use AWStats...

Read the AWStats documentation (docs/index.html).

-----> Running OS detected: Linux, BSD or Unix

Warning: AWStats standard directory on Linux OS is '/usr/local/awstats'.

If you want to use standard directory, you should first move all content

of AWStats distribution from current directory:

/etc/nginx

to standard directory:

/usr/local/awstats

And then, run configure.pl from this location.

Do you want to continue setup from this NON standard directory [yN] ? y

・・・

これが終われば/etc/awstats/awstats.(プロファイル名).confの設定ファイルが出来ているので ログファイルなどのパスをnginx向けのものに変えます

例:LogFile="/var/log/nginx/access.log"

最後にawstats.plを実行すれば、https://localhost/cgi-bin/awstats.pl?config=(プロファイル名) を開くとアクセスログを表示することが出来ます。

perl /usr/share/awstats/wwwroot/cgi-bin/awstats.pl -output=pagetype -config=(プロファイル名)

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません