スマホサイトで設定しておきたい「rel=”canonical”」

Yukimi Sato 464views 更新:2014年5月15日

「カノニカル」と読みます。

PCとスマホ用サイトを別々のURLで出力生成している場合、「重複コンテンツ」という問題に当たります。
これをクローラーに「重複ページではなく、ちゃんと正規ページがあります」とお知らせする設定になります。

例えば、スマホサイトのURLが以下で、

http://aws.aipo.com/sp/oss/index.html

これと同じ内容のPC版のURLが以下の場合。

http://aws.aipo.com/oss/index.html

これをheadタグの中に入れておけばOKです。

<link rel=canonical href=“/oss/index.html” />

注意したいこと

「ページ」を指定するのであって、「サイト」を指定するタグではないこと。
このサイトのPC版サイトは~という使い方ではなく、必ずページ単位で指定する必要があります。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません