管理者権限

市来 亮 36views 更新:2017年5月8日

LinuxのrootユーザーとはLinuxの管理者のこと。 

root権限が必要な時を列挙すると
・ インストール後の初期設定、及び設定変更時
・ パッケージインストール時
・ ログの確認時

上記3つ以外は基本的に一般ユーザーで操作を行う。

通常、SSHでログインできるユーザーは一般ユーザーで管理者権限を持っていない。
Linuxでは、サーバーにソフトウェアをインストールするといった作業をするときは管理者ユーザー(root)でなければ行えない仕組みになっている。

そのような作業は以下のコマンドで一時的に管理者ユーザーになってから行う。

sudo su -

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません