[Python] 設定ファイルを扱う

Yuya Sato 16views 更新:2017年5月12日

Pythonのスクリプトなどで、アクセスキーやメールアドレス、パスワードなどの変数をスクリプトの直接書き込まずに、設定ファイルとして分離して扱うときにConfigParserモジュールを使用します。

設定ファイルの作成

from ConfigParser import ConfigParser

config = ConfigParser()
section = 'development'

config.add_section(section)
config.set(section, 'mail', 'hogehoge@huga.com')
config.set(section, 'password', 'hogehoge')

with open('config.ini', 'w') as file:
    config.write(file)

以下のような設定ファイルが作成されます。

[development]
mail = hogehoge@huga.com
password = hogehoge

設定ファイルの読み込み

from ConfigParser import ConfigParser

config = ConfigParser()
config.read('config.ini')

section = 'development'

print config.get(section, 'mail') # hogehoge@huga.com
print config.get(section, 'password') # hogehgoe

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません