React NativeでRealmを使う際にinValidメソッドを使うには

@iwasaki 6views 更新:2017年6月21日

Realmのschemaを設定する際に Realm.Object をextend して使います。

class Item extends Realm.Object {}
Item.schema = {
  name: 'Item',
  primaryKey: 'id',
  properties: {
    id: 'string',
    code: 'string',
  ...
  },
};

Realm.Object を継承することで自動的に inValid メソッドも継承されるため、 item.isValid() が使えるようになります。

isValid は object が削除済や invalid な状態になっているかチェックしてくれるメソッドです。

https://github.com/realm/realm-js/blob/37dba6bb36687c748b674a64aac02f74a13be429/lib/browser/objects.js#L31-L34

参考

https://github.com/realm/realm-js/pull/395

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません