react-native-fetch-blobのfetchでデータをWeb越しにダウンロードする際の注意点

@iwasaki 11views 更新:2017年6月22日

ファイルをダウンロードする際のサンプル

https://github.com/wkh237/react-native-fetch-blob#download-example-fetch-files-that-need-authorization-token

// send http request in a new thread (using native code)
RNFetchBlob.fetch('GET', 'http://www.example.com/images/img1.png', {
    Authorization : 'Bearer access-token...',
    // more headers  ..
  })
  // when response status code is 200
  .then((res) => {
    // the conversion is done in native code
    let base64Str = res.base64()
    // the following conversions are done in js, it's SYNC
    let text = res.text()
    let json = res.json()

  })
  // Status code is not 200
  .catch((errorMessage, statusCode) => {
    // error handling
  })

で catch に来るのはレスポンスのステータスコードが200以外の場合と書いてありますが、これは誤りです。

ネットワークエラーなどの場合にのみ catch句に来るようになり、サーバーから何らかのレスポンスがあった際にはthenの方に処理が入ります。

ステータスコードでチェックする場合には以下のようにして分岐をします。

          .then((res) => {
            const status = Math.floor(res.info().status);
            if (status === 200) {
              //ここで処理を行う
            } else {
              throw new Error('200以外のステータスが返ってきた場合の処理');
            }
          })

res.info().statusにレスポンスのステータスが返ってきます。数字型にして比較したいので、Math.floor をかましています。

参考

https://github.com/wkh237/react-native-fetch-blob/issues/267

https://github.com/wkh237/react-native-fetch-blob/issues/131

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません