JSONObject内のエスケープ文字

elecho1 8views 更新:2017年8月10日

一般的に、JSON内で改行やダブルクオーテーション(“)を入力したい場合は、エスケープ文字に変換して書く必要があります。

このことはご多分にもれずorgs.json.JSONObjectでも適用されます。

json.put("alert", messageBody);

などと書いた場合、String型のmessageBody内の改行やダブルクオーテーションは全てエスケープ文字に変換されるので、バイト数を考えるときなどには注意しましょう。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません