各言語でのハッシュ(連想配列)を扱う文の比較(続き)

k-hatano 269views 更新:2014年6月9日

この投稿は、私の以前の投稿( http://hacknote.jp/archives/2972/ )の続きです。

ハッシュは連想行列と呼ばれることもあれば、辞書と呼ばれることもあります。また、配列とほぼ同一に扱われることもあります。

また、言語ごとにハッシュを扱う文の比較をしてみようと思います。

Perl

%hash = (); # %hash=('name'=>'Suzuki',...);のように初期化も可。
$hash{'name'} = "Suzuki";
$hash{'age'} = "24";
foreach $key(keys %hash){
  print "$key => $hash{$key}\n";
}

 

Python

dic = {}  # {'name':'Suzuki',...} のように初期化も可。
dic['name'] = 'Suzuki'
dic['age'] = '24'
for key,val in dic.iteritems():
  print key,' => ',val

 Objective-C

NSMutableDictionary dic* = [NSMutableDictionary dictionary];
[dic setObject:@"Suzuki" forKey:@"name"];
[dic setObject:@"24" forKey:@"age"];
for(id key in [dic allKeys]){
  NSLog(@"%@ => %@",key,[dic valueForKey:key]);
}

 

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません