文字列を連結するときはStringBufferをつかうべき

horino 313views 更新:2014年6月11日

javaで文字列を連結するとき、Stringを+=でつなぐ方法と、StringBufferでappendしていく方法とがあります。

String text="";
text += "hoge";
text += "moge"
StringBuffer text = new StringBuffer();
text.append("hoge");
text.append("moge")

どちらも同じように連結することはできますが、連結する回数が多くなるとStringBufferのほうがずっと処理速度が速くなります。

これはStringを+=で連結する際、内部的にはStringBufferを1回1回生成して結合しているから(らしい)のようです。

ちょっとした結合なら+=のほうが楽チンですが、処理速度を気にする場面であればStringBufferにするべきなようです。

 

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません