nginxの設定:locationディレクティブのプレフィックス

Tetsuro Aoki 719views 更新:2014年6月17日

nginxの設定ファイルではlocationディレクティブによってuriのパス名毎に設定を行うことができます。
書式は以下の通りです。

location プレフィックス パス {
  locationコンテキスト
}

パスは通常前方一致で評価されますが、locationの後にプレフィックスを記述することで
パスの評価方法を変更することができます。
以下がプレフィックスの一覧です。

なし:前方一致
^~:前方一致。正規表現よりも優先。
=:完全一致
~:正規表現(小文字・大文字を区別)
~*:正規表現(小文字・大文字を区別しない)

あるパスに対して一致する条件が複数あるとき、その優先順位は

= > ^~ > ~,~*(定義した順番) > なし

となります。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません