psmlにパラメータの値を保存する上で必要なメソッド

watanabe 203views 更新:2014年7月2日
public void setFiltersPSML(VelocityPortlet portlet, Context context, RunData rundata) {
  ALEipUtils.setTemp(rundata, context,
  Parameter-Name, portlet
  .getPortletConfig()
  .getInitParameter("psml-parameter-name"));
}

Psmlにパラメータ名とその値を設定するメソッドです。

Parameter-Nameにはpsmlに保存したい値を持っているパラメータ名、psml-parameter-nameには任意のPsmlのパラメータ名が入ります。

 

public static String passPSML(RunData rundata, Context context, String key, String value) {
  VelocityPortlet portlet =
ALEipUtils.getPortlet(rundata,context);
  PortletConfig config = portlet.getPortletConfig();
  if (value == null || "".equals(value)) {
    value = config != null ? config.getInitParameter(key) : "";
  } else {
    ALEipUtils.setPsmlParameters(rundata, context, key, value);
  }
  return value;
}

 Psmlに設定されているデータと比較して valueが正しい値ならその値を新しくPsmlに保存、更新するメソッドです。

keyにはpsml-parameter-name,valueにはParameter-Nameが入ります。

以上がpsmlにパラメータの値を保存する上で必要なメソッドです。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません