CoffeeScript:配列の扱い方

goto_jp 182views 更新:2014年7月7日
num0 = [2, 4, 6, 8]
num1 = [1...10]     // 1,2,3..と1から10までの配列ができる

連想配列の例は下記

price = ["maguro": 300,"tako": 200,"tamago": 100]

item =
    "maguro":
        "price": 300
        "stoc": 100
    "tako":
        "price": 200
        "stoc": 200
    "tamago":
        "price": 100
        "stoc": 250

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません