JavaScriptの多言語対応において文字列の一部を動的にする方法

watanabe 293views 更新:2014年7月8日

JavaScriptで一部動的になっている文字列を多言語化する方法は以下の通りである。

(例)maxval+件中+value+件

文字列を表示させているJSにて

var nlsStrings = dojo.i18n.getLocalization("aipo","locale");
dojo.string.substitute(nlsStrings.NUMBER_STR, {
  maxval: maxval,
  value: page.value
});

 locale.jsにて

NUMBER_STR:"${maxval} 件中 ${value} 件",

 とすることでJS内での演算などによって出された数値をそのまま多言語対応の文字列に動的に加えることが出来る。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません