Eclipse でプロパティファイルを開く際のエディターを変更する

y-ozaki 6,696views 更新:2014年7月11日

プロパティファイルを開いた際、日本語が文字化けしていることがあります。

プロパティ用のエディター例えばLimy プロパティーエディターで開けば、文字化けせず開けます。

プロパティファイルを開く際にデフォルトのエディター以外で常に開きたい場合、.propertiesに関連付けるエディターの設定を変更します。

ウィンドウから設定を開き、一般→エディター→ファイルの関連付けを開きます。

ファイルタイプから.propertiesを選択し、関連付けられたエディターに使いたいエディターを追加することで、常にそのエディターで.propertiesをひらくことが 出来ます。

Limy プロパティーエディターを使えば、文字化け以外にも、Ctrlキーを押すことで、javaソースからそのプロパティを使用している箇所を探してくれます。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません