ZabbixServer設定内容

alkoshikawa 2,083views 更新:2014年7月11日

NodeID

Zabbixを分散構成にするときに使用する。
1-999のユニークな値を設定し、Zabbix サーバが停止している状態で
「zabbix_server -n <node id>」でDBを書き換える必要がある。
2回実行するとDBが壊れる。

ListenPort

Serverのポート番号

SourceIP

複数のIPアドレスを持つときに、使用したいネットワークを指定できる

LogFileSize

ログファイルの最大値、0にするとローテーションが無効になる

DBHost
DBName
DBPassword
DBSocket

それぞれDBの設定

DBPort

DBSocketを指定していないときに使用される

StartDiscoverers
StartHTTPPollers
StartIPMIPollers
StartPingers
StartPollersUnreachable
StartPollers
StartTrappers
StartJavaPollers
StartProxyPollers

各監視タイプ別の、監視用のプロセスの数を設定できる
多くすると負荷が上がるため、遅延なしにキューを処理できるギリギリの値が望ましい

http://d.hatena.ne.jp/BlueSkyDetector/20110211

StartTimers

メンテナンス用のタイマーのプロセス数を指定できる。

JavaGateway

Javaのアプリケーション監視は別モジュール(Gateway)になっており、それが立ち上がるアドレスを指定します。
またStartJavaPollersを1以上にしている必要があります。

JavaGatewayPort

Gatewayのポートを指定します。

StartVMwareCollectors

VMware監視を行うプロセス起動数

VMwareFrequency

情報を収集する間隔の設定

VMwareCacheSize

データを蓄積するメモリサイズ

http://extstrg.asabiya.net/pukiwiki/index.php?VMware%B4%C6%BB%EB(ZABBIX%202.2)

HousekeepingFrequency

いらないデータの削除を定期的におこなう処理の間隔を指定できる。
1だと1時間に一度、24だと1日に一度

MaxHousekeeperDelete

Housekeepingで1テーブルあたり一度に削除できる最大行数を指定できる。
0にすると制限がなくなる。

SenderFrequency

アラートの送信頻度を指定できる(秒数単位)

CacheSize

設定キャッシュサイズ
ホストとアイテムデータを記憶させる共有メモリサイズ。

CacheUpdateFrequency

キャッシュを更新する頻度を指定できる(秒数単位)

StartDBSyncers

DBの整合性をとるプロセスと思われる、
アラートが来ても画面に反映されていないときなどに数を上げると遅延が減る。

HistoryCacheSize

ヒストリキャッシュのサイズ
ヒストリデータを記憶させる共有メモリサイズ。

TrendCacheSize

トレンド・データを記憶させる共有メモリサイズ

HistoryTextCacheSize

テキストのヒストリキャッシュサイズ(バイト単位)。
文字、テキストおよびログ履歴データを記憶させる共有メモリサイズ。

ValueCacheSize

障害判定や、計算に使われるヒストリデータのキャッシュのサイズ

NodeNoEvents

1に設定すると、ローカルイベントはマスターノードに送信されません。

Timeout

エージェント、SNMPデバイス及び外部チェックのタイムアウト

TrapperTimeout

trapperが新規データを受信して処理を行う際のタイムアウト。

UnreachablePeriod

到達不可能となったホストを利用不可能と判断するまでの時間(秒)。

UnavailableDelay

ホストが利用不可能になった場合に再接続を行う期間(秒)。

UnreachableDelay

ホストが接続不可能になった場合に再接続を行う期間(秒)

AlertScriptsPath

アラートスクリプトのパス

ExternalScripts

外部スクリプトのパス

FpingLocation

fpingのパス
fpingの実行ファイルにroot権限とSUIDフラグが設定されていることを確認して下さい

Fping6Location

ipv6用のfpingのパス

SSHKeyLocation

SSHのキーが配置されているディレクトリを指定できる

LogSlowQueries

クエリが指定したミリ秒以上要した場合にログファイルにクエリを出力します。
0 - スローログクエリ無効

TmpDir

tmpディレクトリを指定できる

ProxyConfigFrequency

パッシブプロキシへ設定データの変更を知らせる間隔を指定できます。

ProxyDataFrequency

パッシブプロキシへデータ取得のリクエストを送る間隔を指定できます。

AllowRoot

rootで動作するようになる

Include

別の設定ファイルを読み込む

LoadModulePath
LoadModule

自分で作成したモジュールを使用できるようにする。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません