WordPressでプラグイン有効化の際にテーブルを追加する

高瀬 裕介 245views 更新:2014年7月11日
function myplugin_activate() {
    global $wpdb;
    $table_prefix = $wpdb->prefix . 'myplugin_';
    //DBのバージョン
    $myplugin_db_version = '1.0';
    //現在のDBバージョン取得
    $installed_ver = get_option('myplugin_meta_version');
    // DBバージョンが違ったら作成
    if ($installed_ver != $myplugin_db_version) {
        $sql = "CREATE TABLE " . $table_prefix . 'data' . " (
              data_id bigint(20) UNSIGNED NOT NULL AUTO_INCREMENT,
              content LONGTEXT default NULL ,
              UNIQUE KEY data_id (data_id)
            )
            CHARACTER SET 'utf8';";
        require_once(ABSPATH . 'wp-admin/includes/upgrade.php');
        dbDelta($sql);
        //オプションにDBバージョン保存
        update_option('myplugin_meta_version', $myplugin_db_version);
    }
}

//プラグイン有効化の際に関数コール
register_activation_hook(__FILE__, 'myplugin_activate');

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません