新しいことをやってみるシリーズ:Play Framework2.3.2でGZipフィルタを使ってみる

@iwasaki 337views 更新:2014年7月24日

Gzipフィルタを使って更にレスポンスの高速化を行ってみます。

 

project/plugins.sbt

addSbtPlugin("com.typesafe.sbt" % "sbt-gzip" % "1.0.0")

build.sbt

pipelineStages := Seq(rjs, digest, gzip)

libraryDependencies += filters

app/Global.java

import play.filters.gzip.GzipFilter;


public class Global extends GlobalSettings {

    /**
     * Get the filters that should be used to handle each request.
     */
    @SuppressWarnings("unchecked")
    public <T extends EssentialFilter> Class<T>[] filters() {
        return new Class[] { GzipFilter.class, HTMLCompressorFilter.class};
    }
}

適用前後でレスポンスヘッダーが次のように変わります。

Content-Length   602
Content-Type    text/html; charset=utf-8

Content-Encoding gzip
Content-Length  302
Content-Type    text/html; charset=utf-8
Vary    Accept-Encoding

 

 

https://github.com/YoshiteruIwasaki/sample-play-java-app/commit/04a0848937e9fca4205506ce991e0d3de3ed6bb4

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません