ログ出力の際のレイアウトの設定

y-ozaki 376views 更新:2014年7月24日

logを出力する際のレイアウトはプロパティファイルで設定ができます。

aipoのログの設定以下のようになっています。

log4j.appender.cayenne = org.apache.log4j.RollingFileAppender
log4j.appender.cayenne.MaxFileSize = 1000KB
log4j.appender.cayenne.MaxBackupIndex = 30
log4j.appender.cayenne.file = ${catalina.base}/logs/cayenne.log
log4j.appender.cayenne.layout = org.apache.log4j.PatternLayout
log4j.appender.cayenne.layout.conversionPattern =%d <%-5p> (%t) [%F:%L]- %m%n
log4j.appender.cayenne.append = true

上記の設定の下から二行目と三行目がレイアウトに関する設定で、下から二行目のlayout.conversionPatternで詳細なレイアウトの設定を行っています。

%d <%-5p> (%t) [%F:%L]- %m%nの意味としてはそれぞれ以下のようになっています。

%d 日付

<%-5p> 左詰め5文字でログレベルを表示

%t スレッド名

%F:%L ログを生成したソースファイルと行

%m ログのメッセージ

%n 改行

このようにlayout.conversionPatternを変えることにより、自分がみやすいレイアウトに変更できます。

 

 

 

 

 

 

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません