新しいことをやってみるシリーズ:Play Framework2.3.2で多言語対応

@iwasaki 431views 更新:2014年7月24日

http://www.playframework.com/documentation/2.3.x/JavaI18N

conf/application.conf

# The application languages
# ~~~~~
application.langs="ja,en"

conf/messages

このファイルがデフォルトで読み込まれるようです。

comment=コメントです

conf/messages.ja

comment=コメントです

app/views/index.scala.html

@(message: String)
@import play.i18n._

@main(Messages.get("home.title")) {
<h1>@message</h1>
@Messages.get("comment")
}

のようにすると、

@Messages.get(“comment”)部分が日本語で表示されるようになります。

@mainに渡す場合は

@Messages.get(“home.title”)

ではなく、

Messages.get(“home.title”)

と書きます。

 メソッド内で使う場合は

app/controllers/Application.java

import play.i18n.Messages;

public class Application extends Controller {
  
      public static Result index() {
         return ok(index.render(Messages.get("top.title")));
      }
  
  }

のようになります。

 conf/messages.en

を用意した場合、

home.title=

のように書いておかないとパースエラーで怒られます。

 

https://github.com/YoshiteruIwasaki/sample-play-java-app/commit/aea78e21e5a680d2085058d583a3d07cf5e264fd

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません