JavaScript:リスト内ののデータを総ナメする

goto_jp 259views 更新:2014年7月30日
<ul id="list">
~
</ul>

HTML側ではまず上記のような<ul>リストを前提とします。

var ul = document.getElementById("list"); //#list全体をulに取得
var li = ul.getElementsByTagName("li"); //取得したulの中から&lt;li&gt;を分割してliに取得

for (i = 0; i < li.length; i++) {
    if(li[i].className === "active") {
        alert("ok");
    }
}

1行目でID「list」の要素をulに取得し、取得したulからさらに<li>単位で分割し、配列としてliに取得しています。

for分は配列総ナメするのにお約束の形ですが、liの配列個数分だけループします。その中で li[i] といった形でデータを参照するのがこれまたお約束のやり方です。今回はクラス名に「active」を含む<li>があったらアラートを出すようにしています。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません