vCloudで外部から接続できるようになるまでの設定

alkoshikawa 727views 更新:2014年8月1日

管理画面にログインするためにIE11を使っている場合は、開発者ツールを表示してモードをIE9にする必要があります。

他のブラウザやIEのバージョンでは認証エラーと返ってくるようです。

ネットワークの設定

まず外部ネットワークを一つ追加しておきます。

管理 > 仮想データセンター > 組織VDCネットワーク

で作成します。

管理 > 仮想データセンター > Edgeゲートウェイ

に項目が出てきているはずです。

インスタンス作成

vAppを作成、インスタンス作成までします。 ネットワークを作成で組織VDCネットワークで作成したものを選択しインスタンスに紐付けます。 (OSを指定するところがあるが、あとでCDから入れることになる)

カタログ > 公開カタログ > メディアとその他

CentOS6.4などをカタログにコピーをしておく

インスタンスを起動し、CentOSなどを入れてOSセットアップをおこなう。

eth0にLANのアドレスを設定しデフォルトゲートウェイにpingが通るところまでおこないます。

(マイクラウド > 仮想マシンのIPアドレス、管理 > 仮想データセンター > 組織VDCネットワークを参考に設定)

管理 > 仮想データセンター > Edgeゲートウェイ
右クリック > Edgeゲートウェイサービス > NAT

ネットワークのマッピング周り

SNATの追加

適用対象:SharedExternal11
元の (内部) ソース IP/範囲:LANのインスタンスのIP
変換された (外部) ソース IP/範囲:WANのIP

DNATの追加

適用対象:SharedExternal11
元の (外部) IP/範囲:WANのIP
プロトコル:任意
変換された (内部) IP/範囲:LANのインスタンスのIP

ファイアウォールを一旦無効

これでインスタンスから外部にパケットが届くようになります。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません