Monitorixをインストールする

alkoshikawa 750views 更新:2013年10月7日

Monitorixはmuninやnagiosのような
設定ファイルがカオスになっていない軽量なリソース監視ツールです。
インストールするには

yum localinstall http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
yum localinstall http://www.monitorix.org/monitorix-3.3.0-1.noarch.rpm

でOKです。
monitorixがリンク切れのときはこちら。
http://www.monitorix.org/

apacheの監視の追加とMySQLの設定の追加は以下の設定をします。

<graph_enable>

    apache          = y
    mysql           = y

</graph_enable>

# APACHE graph
# -----------------------------------------------------------------------------
<apache>
        list = http://localhost/server-status
        rigid = 0, 2, 0
        limit = 100, 100, 100
</apache>

※ApacheのExtendedStatus表示用のURLを指定

# MYSQL graph
# -----------------------------------------------------------------------------
<mysql>
        conn_type = host
        list = localhost
#       list = /var/lib/mysql/mysql.sock
        <desc>
                localhost = 3306, root, {password}
        </desc>
        rigid = 0, 2, 0, 0, 0, 0
        limit = 100, 100, 100, 100, 100, 100
</mysql>

起動するには以下です。

service monitorix start

参考:http://www.idcf.jp/blog/cloud/monitorix/

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません