muninをfastCGIで動かす

alkoshikawa 786views 更新:2013年10月8日

本来リソース監視は別サーバーに配置するべきですが、事情により同じ環境に入れることがあります。
muninをインストールしてそのままの状態で使うと5分に一度重い処理が走り、
余裕のないサーバーの場合深刻な問題を引き起こすことがありますので
予防として画像の動的生成、FastCGIを使用するようにします。

まずmuninをインストールして動作できるところまでもっていきます。

yum install munin
service munin-node start
munin-node-configure
munin-node-configure -suggest

エラーが出ていたら修正します。

その後FastCGIを入れて設定を変えます。

yum install munin-cgi mod_fcgid

vim /etc/munin/munin.conf
---------------------
graph_strategy cgi
html_strategy cgi
---------------------

これでmuninは非常に高速になるのですが、
この方法はメモリをそこそこ使用するため、メモリに余裕が無い場合は別のFastCGIを入れます。

wget http://pkgs.repoforge.org/mod_fastcgi/mod_fastcgi-2.4.6-2.el6.rf.x86_64.rpm
rpm -ivh mod_fastcgi-2.4.6-2.el6.rf.x86_64.rpm
mv /etc/httpd/conf.d/fcgid.conf /etc/httpd/conf.d/fcgid.conf.bk

vim /etc/httpd/conf.d/fastcgi.conf
-----------------------
FastCgiConfig -idle-timeout 20 -maxClassProcesses 5
-----------------------
vim /etc/httpd/conf.d/munin-cgi.conf
-----------------------
    <Directory "/var/www/cgi-bin">
        Options +ExecCGI
        <IfModule mod_fcgid.c>
            SetHandler fcgid-script
        </IfModule>        
        <IfModule mod_fastcgi.c>
            SetHandler fastcgi-script
        </IfModule>
        <IfModule !mod_fcgid.c>
            SetHandler cgi-script
        </IfModule>
    </Directory>
-----------------------
service httpd restart

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません