MySQLのDBファイルが大きすぎる場合にコンソールでインポートする方法

goto_jp 897views 更新:2014年8月8日

ローカルのphpMyAdminにMySQLのDBをインポートしようとしたところ、sqlが巨大すぎて正常にインポートが行えませんでした。

そこでphpMyAdminを介さずコンソールで直接取り込みを行いました。

コマンドプロンプトの起動→MySQLへの接続

コマンドプロンプトを起動し、MySQLのあるフォルダへ移動します。
自分の場合はxamppフォルダ直下にあるため下記のようになりました。

cd C:\xampp\mysql\bin

次にMySQLに接続します。

mysql -u username -p
Enter password:

usernameとある箇所は適切なユーザー名に変更してください。

その直後パスワードを求められるので入力し接続完了です。

利用するDBを指定しインポートする

まず利用するDBを選択します。

mysql> use dbname;
Database changed

dbnameとある箇所は適切なDB名に変更してください。
直後に「Database changed」と正しくDBが選択されたことが表示されます。

次にファイルをインポートします。

mysql> ¥. dump.sql

dump.sqlとある箇所は適切なファイル名に変更してください。
これでインポートが開始されます。

ファイルサイズにもよりますが、コマンドベースでないとインポートできないほど巨大なファイルサイズである場合は数十分はかかることもあります。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません