Githubで手動マージが必要になった時に実行するコマンド

@iwasaki 812views 更新:2014年8月15日

Githubで手動マージが必要になった時に画面上に以下のコマンとを実行するように表示されます。

git checkout master
git merge --no-ff bugfix/characters-validator
git push origin master

ただ、実際には margeとpushの間に行うべき作業があります。 コンフリクトの解消です。 コンフリクトの起きているファイルを編集した後につぎのコマンドを実行します。

コンフリクトが発生していたファイルの追加

git add .

マージしたということをコミットします。この際コミットメッセージは不要です。

git commit

その上でプッシュをします。

git push origin master

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません