PlayFramework2でのデバッグの方法

otaguro 2,555views 更新:2014年8月20日

Eclipseを使った、PlayFramework2のデバッグの方法です。

・デバッグの開始方法

  1. コマンドラインで activator -jvm-debug 9999 run を実行
  2. Eclipseのメニューバーから実行→デバッグの構成を選択
  3. 接続プロパティのホストにlocalhost、ポートに9999を設定して「適用」「デバッグ」を押します
  4. あとはEclipseでブレークポイントを設定して、ブラウザ上でメソッドを呼び出すURLにアクセスすればブレークします

・デバッグの停止方法
コマンドラインでCtrl+D

※1 事前にEclipseでPlayFrameworkのプロジェクトを読み込む必要があります。
  設定方法はこちら
※2 activator -jvm-debug 9999 runの初回実行時は大量のjarファイルをダウンロードするため少々時間がかかります
※3:activator ui などで既にactivator playが実行されている場合には、デバッグを開始するとエラーとなってしまいます

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません