CloudWatchのプロットをJavaからPythonに変える

alkoshikawa 226views 更新:2014年8月20日

JavaだとメモリとCPUを結構消費してしまうのでPythonに変更すると結構メリットがあります。

いままでは

CREDENTIAL={aws-credential_file}

/opt/aws/apitools/mon/bin/mon-put-data --metric-name httpd-busyworkers --namespace "EC2: HTTPD" --dimensions "InstanceId=$SERVER" --unit "Count" --value $BUSYWORKERS  --aws-credential-file $CREDENTIAL --region $REGION

という形で書いていましたが、

export AWS_ACCESS_KEY_ID=${ACCESS_KEY}
export AWS_SECRET_ACCESS_KEY=${SECRET_KEY}

/usr/bin/aws cloudwatch put-metric-data --metric-name httpd-busyworkers --namespace "EC2: HTTPD" --dimensions "InstanceId=$SERVER" --unit "Count" --value $BUSYWORKERS --region $REGION

となります。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません