サイトのレスポンスタイムをCloudWatchにプロットする

alkoshikawa 318views 更新:2014年8月26日

レイテンシを測る必要のある状況ってあまりないと思いますが・・・・

vim latency-put.sh
---
#!/bin/bash

CHECK_URL="{レスポンスタイムを測りたいURL}"

REGION="ap-northeast-1"
STATUS="/tmp/latency_status"

export AWS_ACCESS_KEY_ID="{accesskey}"
export AWS_SECRET_ACCESS_KEY="{secretkey}"

SERVER=`wget -q -O - http://169.254.169.254/latest/meta-data/instance-id`
LATENCY=`curl -kL "${CHECK_URL}" -o /dev/null -w "%{time_total}" 2> /dev/null`

/usr/bin/aws cloudwatch put-metric-data --metric-name web-latency --namespace "EC2: MONITOR" --dimensions "InstanceId=$SERVER" --unit "Seconds" --value ${LATENCY} --region ${REGION}
---
crontab -e
---
*/1 * * * * /bin/bash -l /root/scripts/latency-put.sh 2>> /var/log/cloudwatch/latency-error.log
---

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません