Tomcatでaprを使う

alkoshikawa 1,867views 更新:2013年11月22日

Tomcat6を起動するときに
The APR based Apache Tomcat Native library which allows optimal performance in production environments was not found on the java.library.path:
というログが出てきますが、内容としては「Apacheのコンポーネントを使ったほうが良いのでは?」というものです。

APRを使うと画像やCSS、JSなどの静的コンテンツの配信が早くなるとされています。
実際のところは大して変わらないことが多いようで、
SSLの取り扱いがJavaから完全に切り替わるのでSSL環境で妙に遅くなった場合に使ってみると効果があるかもしれません。

使用方法はEC2であれば

yum install tomcat-native
service tomcat6 restart

でOKです。
yumを使わない場合は、

yum install apr-devel
yum install openssl-devel
yum install make gcc

JDKが以下に配置されているとします。
/usr/java/latest

Tomcatが以下に配置されているとします。
/usr/local/tomcat

cd /usr/local/tomcat/bin
tar zxvf tomcat-native.tar.gz
cd tomcat-native-1.1.22-src/jni/native
./configure --with-apr=/usr/bin/apr-1-config --with-java-home=/usr/java/latest/ --with-ssl=yes --prefix=/usr/local/apr
make
make install
export LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/apr/lib

 

 

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません