postfixの再送時間を変更する

alkoshikawa 544views 更新:2014年9月9日

メールのログをみてConnectionTimeoutとかが日常的に発生している場合、 メールの配送に遅れが出ている可能性があります。
配送先のメールサーバーの方のキャパシティの問題ではありますが、Postfixの再送の最小のデフォルト値は1000秒です。
たまたまConnectionTimeoutが出た時でも結構待たされてしまうので短縮します。

vim /etc/postfix/main.cf (元々いないので追加する)
----------------------
minimal_backoff_time = 100s
maximal_backoff_time = 600s
maximal_queue_lifetime = 24h
bounce_queue_lifetime = 24h
queue_run_delay = 100s
----------------------

参照 http://www.postfix-jp.info/trans-2.1/jhtml/postconf.5.html http://perl.no-tubo.net/2012/03/04/postfix%E3%81%AE%E5%86%8D%E9%80%81%E8%A8%AD%E5%AE%9A/

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません