wicketのValidatorでエラー文言をカスタマイズする。

horino 216views 更新:2014年9月24日

wicketにはもともと用意されたvalidatorがいくつかありますが、デフォルトだとどれもエラー文言が直訳っぽくていまいちです。 そこで文言のカスタマイズですが、javaでいくら探しても見つかりません。

wicketのvalidatorの文言は、そのValidatorにひもづくhtmlファイルと同じ場所に、同名の.propertiesファイルを作ることで指定します(hoge.htmlなら、hoge.propertiesを作る)。これはValidatorに限ったことでなく、wicketでの文言カスタマイズはだいたいこの方法になります。

propertiesファイルを作ったら、その中に

Validator名=文言

という一行を追加します。 たとえばPatternValidatorのエラー文言を「マッチしないよ!」に変えるなら

PatternValidator=マッチしないよ!

です。 他にも変数の指定などできますが、基本のカスタマイズはこの方法で行うことが出来ます。

ログイン / 新規登録してコメントする

このソースコードをストックして後で利用したり、作業に利用したソースコードをまとめることができます。

こちらもお役に立つかもしれません